危ないサプリ?

シュガリミットと検索すると「シュガリミット 危ない」といったキーワードが表示されることがあります。

シュガリミット 危ない」「シュガリミット 危険」なんてキーワードが出てきたら、「え、シュガリミットで危ないサプリメントなの?」「危険性があるの?」と気になりますし、もしそうだとしたら飲みたくないですよね。

シュガリミットの危険性を危惧する女性

ただ、危険性がないのに「シュガリミットは危ないサプリ」なんて噂があったとしたらシュガリミットからすれば名誉棄損です(汗)

そこで、シュガリミットは危ないサプリメントなのか、危険と言われる理由、またその真相について調べてみました。

シュガリミットが危ないと言われる原因は?

シュガリミットの配合成分が危険?

シュガリミットが危ないと言われる1番の原因として考えられるのは「配合成分」です。

そこで、シュガリミットの配合成分をチェックしたところ…

シュガリミットの主成分は「スイオウ」でその他、セレン、スピルリナ、バナバ葉抽出物、黒胡椒エキス、HMB、Ca、クレアチンと続きます。

スイオウはサツマイモから摂れた成分でGLP-1の分泌を促す働きがあります。

ただこのスイオウが危険な成分かと言われると、危険性がある成分ではありません。

スイオウはさつまいもから摂れるのでさつまいもアレルギーがある方はアレルギーの危険性がありますが、そうでない人は摂取しても安全な自然界に存在する植物です。毒性などはもちろんありません。

もちろん、その他の成分も特別体に害を与えるような成分ではありません。

食物繊維及び豊富な栄養素を含むスピルリナ、不足しがちなセレン、効率よくダイエットをすすめられる黒胡椒エキス、HMBはどれもダイエット中には嬉しい成分。

シュガリミットの配合成分を見る限り、シュガリミットの成分が危険!といったわけではなさそうです。

シュガリミットの効果が危険?

次に「シュガリミットの効果が危険」と言われている可能性があるので、シュガリミットを飲んで得られる効果について調べたところ…

スイオウの働き

 

シュガリミットは「スイオウ」がGLP-1の分泌を促し、このGLP-1の働きによって糖が筋肉に送りこまれ筋肉増強・代謝UP効果が期待できます。

GLP-1ホルモンはもともと人間が分泌しているホルモンですが、肥満の人はこのGLP-1ホルモンの分泌が少ないようです。

そこでシュガリミットはこのGLP-1の分泌量を増やして痩せようとするのが目的のダイエットサプリとして誕生しました。

ではスイオウの働きが危険であるかと言われると、危険と言われるほどのリスクはないと言えるでしょう。もともとGLP-1ホルモンは人間が分泌しているホルモンで、スイオウを摂ることでGLP-1ホルモンが過剰分泌され人体に被害をもたらしたといった論文等も存在しません。

シュガリミットは医薬品ではなくあくまで健康補助食品です。

体に害を与えるほどの作用はありません。

つまり、シュガリミットの効果が危険と言われるのも、考えられにくいという結論になります。

シュガリミットは危険まとめ

シュガリミットは危険といった噂があるもののシュガリミットの成分・効果どちらも人体に害を与えるような影響を及ぼす事は考えられにくいです。

ただ、飲み方によっては下痢・腹痛などお腹が緩くなる可能性はあります。

シュガリミットで下痢になり「シュガリミットは危険」といった噂が出回っている可能性も否定できません。

またシュガリミットを紹介する動画広告で-10kg痩せてしまうのでシュガリミットは痩せすぎ危険!といった痩せすぎ効果が危険と言われている可能性も否めません。

ただ、結論を言うとシュガリミットはあくまでサプリメント。危険性を及ぼすほどのサプリメントではないので、安心して頂いて大丈夫です。

飲み始めて体調が悪くなり続けられないようであれば20日以内なら解約保証が利用できます。(体調が悪くなった場合は診察を受けて医師の診断書を受け取ってください)

シュガリミットって危険なの?飲んだら危ない?なんて事はないので、安心してくださいね。


⇒シュガリミット初回無料(スリムアップコース)特設サイトはこちら!

シュガリミットの口コミは痩せないばかり?シュガリミット初回無料はこちら!トップページへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です